半径5mの私の赤裸々日記。思ったこと何でも書き綴っています。


by medimix610
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0045660_0422813.jpg


さっきまでなんとも無かったのにイライラしている
何にイライラって考えるだけで余計イライラ

くだらないって思っている事に対して直面して向かい合ったら
そのくだらないって思っている事が一番大事で私を常に苦しめている1つなんだって気付く

私はどれだけ時間を無駄にしているんだろうか

こういう人間はくそったれだ
[PR]
by medimix610 | 2009-04-29 00:51 | 雑記

小言

f0045660_23483854.jpg


振り返ると、自分の感情を言葉に置き換えることをしなくなっている
だからか
どうも上手い事思っている事を言えなくなった

言いたい事の10%も言えていない自分をみて
情けなくも腹立たしく感じている




私にはあまり持っているという感覚がない
私にはなにもないし
良くも悪くも貪欲さに欠けている

もっと貪欲に生きるべきだと忠告された事があったっけ
それが良い事で悪い事なのかハッキリ良く分からない言葉だったのだけ覚えている


焦りという感情は良いもののような気がする
今の私に対して感じる焦りこそ与えられた感情の一片で
それは刺激

こういう刺激を受けるということが多くの人間関係の中でしか生まれてこない
人との間に交わらなければ人間でないように
一人で考え事をしていようとも限界と怠慢が生まれて
慣れるという平和状態になる

平和は悪い事ではない
でも、ボケた時点で何も生まれてこない

言い換えるのは止すけれど

限りがあるからこそ生まれるものは輝くっていうのは有り触れた言葉だけれど
この「限り」を根底に基盤にして過ごすっていうのはあまり見かけない

垂れ流しっていうのはもちろん私にも当てはまる


小学生の頃、
歴史の教科書に名を残したい願望があった
有名になりたいと思っていたけれど

私が生きた証など残したくないと言ったある一節を読んで
「生きた証」とはどれくらいの価値があってどれほどの意味があるのだろうかと考えた

それは色んな立場から見たら変化する

一概には言えないものだけれど
この言葉には沢山の人たちを思った愛があると思う
[PR]
by medimix610 | 2009-04-24 00:18 | 雑記

トイカメラ

f0045660_1831029.jpg



ず~っとカメラの事を考えてたら面白いカメラに出会った

衝動買いだったけど暫くはこっちのカメラで色んなものを撮っていこ
どんな写真が撮れてるか分からないという所も醍醐味だ

当分は失敗写真だらけだけどそれも可愛がりというもんさ
[PR]
by medimix610 | 2009-04-21 18:41 | 雑記

聖の青春

f0045660_18162534.jpg
―――

何のために生きる。
今の俺は昨日の俺に勝てるか。
勝つも地獄負けるも地獄。99の悲しみも1つの喜びで忘れられる。
人間の本質はそうなのか?
人間は悲しむために生まれたのだろうか。
人間は必ず死ぬ。必ず。
何もかも一夜の夢。


―――



どれくらい読み返しただろうか。
私が今まで読んできた本の中でこんなに何度も何度も読み返した本はない。
そしてこれからもこの一冊を大事にしていくだろう
[PR]
by medimix610 | 2009-04-19 18:39 | 読書

友よ

この片田舎にアンタの夢の欠片はないよと送り出した友がいる
どれくらい苦労したって夢の為って走り続ける情熱があって
ひたむきに思いを糧にしてきた友

あれから何年たったのか友よ

生まれたときから一緒に居て
何の気もなしに接し合える友

いつもどこでも映画のことばかり考え続けて

諦めようとしたこともあったね友よ

だけど、今こうしてまた一歩歩めた友に

賞賛と羨望があったことは正直に言うよ

立ち止まったって私は私
羨ましがったってお門違いの感情で

それぞれ掴むものは違えど

アンタの夢が

私の新たな夢に繋がった

いつかその夢が叶えられる時が来たら笑い合おう友よ

叶えられるとするならば

私は私にしかやれないのめり込む全てを吐き出していこう
[PR]
by medimix610 | 2009-04-14 00:05 | 雑記

繋がる一本の糸が細かったということ

私は、どこかで特別な存在であるということを思っていたのかもしれない

共に共有してきた時間なんて夢芥のごとき

それぞれの道を歩んでもなお過去のあの瞬間に固執していた

触れることもしなかった
どんなに特別であろうと私には触れられない存在

どんなに醜い情欲にも汚されえない人
絶対に不可侵な存在

どうしてだろう
どこまでも特別であろうとも私には汚す事の出来ない存在

きっとそれが出来るのならこんな想いは抱かない

この糸は簡単に切れる

またねという言葉が最後のお別れのように

切れたと思った糸が違うところで繋げていてくれたことに気付いた瞬間
私は安心したけれどきっとそれに甘んじていたら

私は追いかける全てを失くすんだということに気付いて震えた

だけど

私たちは一体何の為に繋がっていて心の拠りどころとしているんだろう
[PR]
by medimix610 | 2009-04-05 22:46 | 雑記