「ほっ」と。キャンペーン

半径5mの私の赤裸々日記。思ったこと何でも書き綴っています。


by medimix610
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

考える過程において「私」という名前の思索者が生まれる。

思考から離れた思索者はない。
思考の過程で文字通り思索者が生まれる。
我々は、思考によって自分と世界に関して究極の真理を知ることは出来ない。

クリシュナムールティは

「思考によってこれまでどんな問題も解決されなかったし、また今後も決して解決されないであろう」と言っている。

科学と技術の限られた分野においては、思考によって幾つかの問題は確かに解決された。
しかし、究極の真理に到達するには思考の及ぶ所ではない。

アルヴィン・シュラディンガーはこの事を支持して言っている

「世界のあらゆる現象の根底を論理思考によって把握することは不可能であろう、何故なら論理的思考そのものが世界の全ての現象の一部分であり、そして、その中に完全に包含されているからである」

 究極の真理を知るために、我々はすべての言葉とすべての思考を越えなければならない。これらの中には科学、哲学、そして宗教書の言葉も含まれる。

自分の人生を理解し、人生の諸問題を解決するために、我々は世界及び自分のことについて、できる限り大きな視野を持つことが大切である。
 この視野を広げる為に、我々は自ずと自分の考えや考えによって為される調査、研究に依存する。
我々が哲学と科学において様々な理論を確立した。
我々は膨大な知識を得ていて、今や我々は「知識の爆発」の状態に達した。しかし、我々は自分の考えと呼び、それを誇りにしても、それは自然界に起きている出来事の連鎖の一部分に過ぎない。我々が呼吸したり、心臓が血液を送るのと全く同じように、我々の脳も思考という形で言葉を生み出している。

それを我々が考えていると思っているが--。

「我々は考えるのではない。我々の中に考えが湧いてくるのだ」




クリシュナムールティは興味深い。。。
ここまで及ばなければ見失い、スパイラルに陥いる
[PR]
by medimix610 | 2008-05-26 10:53

artist life

私は器用ではないし、ホント抜けた性格しているし、バカだと思う。
だからこそいろんなことに着手して勉強もちゃんとしようとした
けれど、結局抜けていたと思うし
上手いこと人生を描けない
だけどもやっぱりバカであるがゆえの気持ちのパッションが実はある

すっごい回り道をしてやっぱり後悔しない為にもやりたいと思った
何の確証もないからこそやりたいと思う
無謀な夢だと笑われても
私が私でらしくあるためにはそうするしか他にないって思うから

だからこそ

それにしかかけられないパッションの大きさはカナリ大切で
バカなくらいスケールのでかい夢を描いていきたい


私はいち表現者として歩んで行きたい


いいぇーい☆
コレを考え出してからホント気持ちが晴れやかになった
バカにされることも勲章だって言えるまで
もうすこし
クダラナイプライド捨ててしまえってね!!

あぁー何かやっと私の本領発揮にパッションを!って感じになったよ


まぁみんな意外に私の生き方は普通じゃないって思っているみたいだから

そのとおーーーーーーーーりってねwww


パワー充電でよっしゃ頑張るぜ


ここでも言っちゃうけど、こうまでなれたのは「上地雄輔」の生き方


よっしゃ一歩踏み出す勇気☆


さて、ようやく腰上げますw
[PR]
by medimix610 | 2008-05-19 19:42 | 雑記