半径5mの私の赤裸々日記。思ったこと何でも書き綴っています。


by medimix610
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:読書( 4 )

聖の青春

f0045660_18162534.jpg
―――

何のために生きる。
今の俺は昨日の俺に勝てるか。
勝つも地獄負けるも地獄。99の悲しみも1つの喜びで忘れられる。
人間の本質はそうなのか?
人間は悲しむために生まれたのだろうか。
人間は必ず死ぬ。必ず。
何もかも一夜の夢。


―――



どれくらい読み返しただろうか。
私が今まで読んできた本の中でこんなに何度も何度も読み返した本はない。
そしてこれからもこの一冊を大事にしていくだろう
[PR]
by medimix610 | 2009-04-19 18:39 | 読書

F

    花發多風雨 人生足別離


「花に嵐のたとえもあるさ さよならだけが人生だ」


李白の五言絶句だっけ?
[PR]
by medimix610 | 2008-07-01 21:59 | 読書

59番目のプロポーズ

f0045660_2155661.jpg
人生って何が起こるかホント分からない。

ひとつひとつの選択の向こうに変わる未来がある。この2人は選択ひとつ間違ってたら付き合ってなかったって思う所にこういう不思議な縁ってあるんだなぁって思った。

まぁキャリアさんの性格がマジで良かった。

わかるかもって何度思ったか。オタク用語は全く理解出来なかったけど・・・。
さすがキャリアさん、考える視点が凄く新鮮だった。

結婚したいって思う時って
自分に何かしたいものが無い時なんじゃないかなって言ってたあたり、キャリアの意見なんだけどすっごく納得した自分がいた。
これからどうしよっかなってからっぽにした時に結婚したいなって思うんじゃないか。
私からしても、たまに結婚生活している自分を想像してみたりするけど、想像不可能・・・

リアリティーがないのはもう自分でも分かってる。


こういうのを読むとますます恋愛ってなんだろうとクエッションマークが湧いてきます・・・

私はこの先恋愛して結婚すんのか。
今は自分の事で精一杯だなんてずっと思ってきたので

恋愛に懲りた人間はただ今何も考えられませんから・・・
[PR]
by medimix610 | 2007-02-20 02:34 | 読書

甲賀忍法帖

f0045660_1454047.jpg


山田風太郎「甲賀忍法帖」

これ、50年ほど前の作品って驚いた。50年前にこんな斬新な設定考えられるなんて天才。
不覚にも映画で釘付けにされた戦闘シーンは圧巻したけど、
原作の方が10倍圧巻ですよコレ

トーナメント式に闘うという設定は山田風太郎が初の試みだったそうで、
確かに、めっちゃ強い重鎮忍者が若者忍者に殺られたりでえぇって思う所が多々あったのです
それが面白い

しかも、最後の方でやっと分かったのですが、原作では徳川家康の後継ぎ争いで伊賀、甲賀を闘わして勝った方が国千代、竹千代のどちらかになるというものなんですが
歴史知ってたらどっちが後継ぐか分かってるわけで、山田風太郎は最初からどっちが勝つかを読者に知らせてあるんですがな!

結末を教えているわけですよ。ソレを出来るって相当の自信が無いと出来ないですよね!
まぁ私は、世界史の人間やったので知らなかったんやけど・・・

私的に、映画を先に観ているので薬師寺天膳が好きでして。椎名きっぺいが素敵でした

でも、原作ちょーエロぃ・・・
おいおいって思うこと多々あったのよ
が~んやったよ 

室賀豹馬が原作ではカッコよかったね。でも、最後がもう切なかった。
結構あっさりやられて・・・

とはいえ、甲賀弦之介は一番輝いていたよ。
朧はぽけーっとした女でした。最後までぽけーやった

映画と原作が全く違ったのは・・・な感じ。


2時間映画で10対10は不可能なわけで5対5になってたけど
10でやって欲しかった。

とはいえ、


なんだか


すっごく語ってますが


大変ハマリマシタ


もう一回映画みたい




山田風太郎をこれからも読もうかと思います



みなさん、スルーでいいです。。。 (´Д`υ)


面白いし吐き出してみた

誰も、話聞いてくれなさそうなので 
[PR]
by medimix610 | 2007-02-17 01:48 | 読書