「ほっ」と。キャンペーン

半径5mの私の赤裸々日記。思ったこと何でも書き綴っています。


by medimix610
カレンダー

カテゴリ:病的( 6 )

睡眠導入酒

年末に、
会って数時間の人に笑顔の傍に儚さを持っているねと言われた

一瞬ヒヤリとしたのを思い出した

酔ってたから笑ってアンタ誰だよって突っ込んだ
いや実際、
そう感じている人はいっぱい居るってこと知ってる

上手い事隠せてるとか言いたいんじゃなくて
どっかで気付いて欲しいとか
そんなことを思っている自分がいるんじゃないだろうか?
かといって
それは自分自身の問題であって解決するのは自分ひとりの戦い

じゃぁ何って簡単だよ

誰かの中で子供のように
何も求めるわけでもなく
ただ泣かせて欲しい

そんなところだと思うね
[PR]
by medimix610 | 2009-02-06 21:54 | 病的

come to nothing


 花に嵐のたとえもあるさ、さよならだけが人生さ


すっかりこの言葉の魅力に取り付かれてしまった
たとえどんな契約を結ぼうとも待っているのは別れであって永遠じゃない

永遠という言葉っていうのは私たちの生きる世界にはないのです

始まりがなければ終わりもない
それが永遠っていう言葉の本来の意味で
始まった時点で終わりはあるわけです

気の遠くなる未来には太陽は消滅してしまい地球も消えてしまう時がやってきて

無になり永遠となるのかもしれません
完全な無とは一体何なのでしょうか?

それでも永遠回帰というように繰り返すのかもしれません

いつか滅びた地球はまたどこかで芽吹き
こうして短い人生を歩む生命体が憂い悩む時が来るのかもしれません

いつかまた生まれ来る青い地球上に繰り返されてはならないものは
沢山ありますね

繰り返されるサンサーラの向こうに見えるのは?

無という存在は何かの光のようにも思えます
[PR]
by medimix610 | 2008-07-13 23:26 | 病的

halfway

私が活字中毒になる理由も自分の中で理解しているつもりだ

1日1冊ペースで本ばかり読んでいたけどパタリと止めてしまった。欲しい本が近くの本屋に置いてないのも理由の一つだが、考えることに疲れたみたい。
私は目的も無しに本屋に行き、ただ自分のインスピレーションで本を手にすることを大切にしている。それでハズレを引くこともあるが大体当たる。今の自分が求めているものが何なのかも分かることもある。私にとっての本屋とはそういう場所。
だから、ネットですぐ欲しいと思っている本は手に入るけど何だかやっぱり本屋で見つけたいと思ってしまって購入まで至らない。今というタイミングじゃないという気になってしまう。
ニーチェのツァラトゥストラはかく語りきを読んでから自分の中で色んなことがひしめき合って色んな事を考え続けた。
今まで読んだ本とニーチェを読んでから読んだ本から一本の線で結ばれた時は怖ろしい思いをした。私の思想の傾倒が手に取るように分かってしまったのだ。
メランコリーが拭えない。かといって中途半端な存在の価値しかない私はまた息苦しい。
私は自分が資本主義の副産物だと思っている。
遅かれ早かれこれから色んな本を手にして没頭するだろう。そして、迷い込んでいく。
その中で私は意識して手に取らないと決めている作家がいる。日本文学の小説を読む時はほとんどが後から気付くが芥川賞作家なのである。それほど小説を読んでいる訳ではないが。
芥川龍之介の作品は今は読めない。晩年の作品は特に。

迷い込んでしまわぬようにと誤魔化しているのだ。誠実に向き合おうともしていない。
ただ今はからっぽにしてただ時の流れを享受するだけに成り下がっている。
遅かれ早かれ私は発狂するのではないかと冷静に考えている。
そうならない方法は知っている。
知っているけれど私はそれを私自身が許しえない行為に他ならない。
それに伴う知識の量も半端なく少ないので中途半端な位置にしかいない。まぁそういうている奴はそんなことにはならないという理論を持って来てくれたら大変嬉しく思う。
[PR]
by medimix610 | 2008-03-28 17:52 | 病的

おとうと

こんなこと書くと本当におかしいって思われるかも知れないけどごく稀に思うことがある。
実は私の下にもう一人兄弟がいるはずでした。
これもおかしな事だけど、霊感を持っている人に弟だったみたいだよと言われました。私も聞かされたときに絶対に弟だったって思ってた。
母は性別も分からないまま流産してしまっているのでこの話を聞いて少し喜んでいましたが。
最近強く思うのが、私は小さい頃は本当に女、女の恥ずかしがりやの家に居て内気なもの静かな性格でした。いつからか変わってしまったのですがね 笑
弟の人生みたいな感じを歩んでいる気がしてたまらない。
それは希望であって実際は私の人生だし、ただ単なる意味づけでしかないけど。
小さい頃は可愛いともてはやされ続け、近所のお兄ちゃんに大分連れまわされ色んな経験をしてしまっています。
それは私が本当にバカだったからしょうがないこともありました。
例えば、いつからか人よりぽっちゃり体型になっていったのも運命だと思っています。実際太っていて良かったなって思うことがあります。
正直こうでなかったら今頃十代で子供産んで生活していたと感じることがあります。女の人生そのものを生きていたと思う。私は今本当に勉強したいと心から思うようになっていますが、こう思えるようになったのが3,4年ほど前のつい最近のことからだったのです。
何も考えない子供だったし、小さい頃の記憶すら残っていない人間だったのでこうして今生き生きとしていられることが不思議で仕方ないのです。
それも、私の人生そのものだし弟を出してくるのはお門違いかも知れないけど、何だか私の後ろで支えていてくれたのではないかなって思うのです。
思うのは勝手なのですが・・・。

男らしい性格になったことは嫌ではないし、今こうして立っている自分を振り返って何一つ後悔もないし今の生き方に寧ろ明るい気持ちで居られているし。
全てが全て意味があったと思っていられる。

母から水子がいるんだよと小学校時代に聞かされたころから私はずっと心の中でその弟のことを思い続けてきた。それから強く思うことがあって、私はいつか息子を産みたいって思うようになった。私でよければ、私の子供で良いなら生まれてきてくれるなら
貴方に会いたいと思うのです。

そんなことを思うようになっていたけど、最近新たに私と弟と2人で生きているような感じになってきて。。。
まぁ大概の妄想にしておけって感じですが、支えていてくれる気がしてたまりません。

昔から、自分の名前に違和感を抱いていたので、自分のフルネームを言うのが嫌で仕方なかったり。こんな変なこと思っているけど

今は、一緒にいようねって思う。
[PR]
by medimix610 | 2007-05-08 23:50 | 病的

現状

夢を見た。意味も分からない夢。
昨日は、ずっと自分を責めていた。私は逃げているだけなのか。どうしても焦る気持ちは止められない。今を逃したら駄目なのではないかと不安になる。だけど、もう決めたことなのにまたぐらりと揺れ動く自分がいる。なんで自分に納得がいかないのだろう。過大評価しすぎているのではないかとか私に何が出来るのかとかもう情けないことばかり考えて苦しくなる。
答えは無いからなんだってしていいなんて正当化しても自分に嘘は付けない。そうだ、私には乗り越えられるのだろうかこの壁を。挫折を味わいながら生きてきた自分にまた鞭打つこの心労が苦しい。知っているのに不器用な私には器用なことが出来ない。
いくら言い訳しても仕方ない。
逃げても仕方ない。
立ち向かって玉砕したら。
立ち直れないほどの苦しみだろうのに。思い描く未来のためには今それ相応の対価の努力が未来を築き結果として返ってくるのに私はそれに見合った努力の仕方を分かっていない。
同じこと繰り返すだけの学習しない下等動物なのね。
人間が唯一持ちえたものは一体何かな。私はなにをしたいのかな。私はどうやって社会に還元していくの。言葉に出来ないのなら今は何活動してもいい結果は得られないだろう。
ただ、ひたすらしようと決めたことをして周りに流されないように。
あの時決めたのにいつだって流されてしまう。枠を飛び越えることは批判に晒されることなんだろうし、覚悟決めたのに、流されて、悩んで、どんなに突っぱねても私はただのそこらへんにいる凡人なんだし。
夢に出てきた私はしがみついて泣いていた。
生きてたと喜んで泣いてた。
[PR]
by medimix610 | 2007-02-22 03:42 | 病的
裏切られたと思うことの裏返しが信じていたという証
その悲しみが大きいほど
私は更に信じていたのだと思い知らされる
わたしはやっぱり と思うのだ
とても弱くて
情けなくてそして何かにすがっている自分と向き合うのだ

                               ____罪状...



「お前のものさしで物事を計るな」
何も出来ずに死ぬ時
生きる意味とはって
意味を求めるな
気付いてやれ
お前はソレを他人に聞くのか?
自分で考えろよ
不幸だと決めつけてあわれむのは勝手だな
闇はどこだ
恐怖の居場所は?
俺の中だろ?

                     I don't belive anything.........




今日何となく手に取った落書き帳にこんな書きなぐりが残ってあって

正直自分で書いといてかなり驚いた。
何があったの?っていいたくなるような内容。
でも、大体はくらーい漫画読んで影響されたか反論書いたかそんなところだと思う。
こういうのってマジ覚えてないものだなぁ~なんて感心していた。
何にも伝えたいことが伝わってこない内容で・・・

まぁ自分が病的だなって思うこともあるのでキレイなところばっかり見ないで汚いところも見ようとは思う。

キレイごとばっか吐く人間は人間ではないと思うし、そんな人間は絶対に居ない。
そして、悪魔のような思想を殺し
美しいところで生きてる人間は本当の意味で人間というものを知らないと思う。
知らないでいいのかもしれないが、
この現代社会でいつまで聖人ぶっていられるのか見ものでもある。


この危険思想も思考の中で向き合わなくてはならない問題で
表面化してはならない問題
だって、ココには社会というルールが存在しているから
押し殺すことは自分という人間を否定することに他ならないが、
向き合って上手く付き合って行ったらそれで表面化することはない。


まぁ自分でコレ読んでちょっぴり引いたわけでもありますが
[PR]
by medimix610 | 2006-12-13 23:38 | 病的