半径5mの私の赤裸々日記。思ったこと何でも書き綴っています。


by medimix610
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スワン

f0045660_1202244.jpg


エゴで繋がりたくないものがる
愛では繋がらないものもある

どんなに大切で一番であってもたった紙切れ一つで分け隔たれ
ただの他人に成り下がる

存在証明のひとつ

苦しみに覆い被せるんじゃなくて自由に
分かち合うんじゃなくて背中を押して

存在が生きていく大いなる力

私が誰と生きようと関係もないと突き放して
事実を突き付けられ初めて気付く心もあったろう

飛び降りる想いの果てに最後の言葉を残し旅立とうとした

涙で揺さぶる私を目の前に満足気に一つまた確かめたのだろう
存在証明を
自分を
そして私を

思い知らせるエゴの向こうに理屈はもう無い

分かったでしょう

手を握り目を覚ますそれまでに
私はどうにも出来ない力の前に泣きわめくしかない

笑っていて欲しい
苦しいのなら出会わなければ良かった

今までどんなにエゴというものに持て余されたんだろう

純粋にただ思いあえることに理由なんていらないのだろう
どこにも属さないあなたとわたし

女でなくて良い
人間として存在していたい

だからその最後の言葉がとても苦く
無理やり取って付けた安っぽい誓いの言葉として胸を締め付けて頭から離れない


良いよなんて言えない

別離は遠い過去だった
それか遠い未来だった


どうしても離れたかった
どうしても離れられない何かがあった


ふいに訪れた現象だった

今日だけは心に沁み泳がせさせて
[PR]
# by medimix610 | 2011-07-31 01:45 | 創作

アマテラス

f0045660_0255377.jpg


ふと忘れていた人を思い出した
日々に疲れて本当に抜け落ちていた人
あれだけ大切な人だったのにだ…

そうか、私も自分のことでいっぱいいっぱいだったのか

会わなくなれば繋がりなんて見えなくなるし
溢れだす世界もやっぱり半径5m以内の世界でいっぱいいっぱい
取り巻く世界から抜け出したい

リセットしたくなるこの衝動

昔から変わらない

やろうと思えばいつだって出来るのに
囚われてるのはなんなんだろう

少しもう少しちゃんと煮詰めて考えよう

本当に抜け落ちていたけど
凄く久しぶりに思い出した人

着信には驚いた

登録もしていない番号
そんな人から掛ってくるのは一人だけ

本当に大切だったその人から

そういえば何で登録してないんだろう

そういえば何で繋がってるんだろう

何度か突き放したし突き放された

それでもなんだかんだ繋がっている
多分、他の人たちとはもう連絡すらしてないんだろうな

切るところはキッパリ切る人なのに未だに私を切らない

私の義を理解したんだろうな
大人になったね

何で何でといっぱい問いたいが

意味もない

意味無くてもそれが人との出会いと関わり

私たちにそれ以上もそれ以下の関係図は描けない

良いなそんな関係

何にも描けない存在同士

誰に理解されない関係程不確かで脆くて魂を揺さぶる

社会に出て気付かされたことの一つに
この出会い程奇跡だった事に気付かされる

心の原風景の似た人に出会えるなんて期待しても望めない日常のサイクル
抜け出さなきゃ

運気の流れと自分の流れが変わったなと感じてきた中の出来事に
この流れがこの先どう流れて行くのか

分かりえないことに生きる力が湧いてきた

でも決して手と手を取り合っても本当にそれ以上もそれ以下もない

それぞれの人生
互いにそれぞれの守るものを持つまでは

一緒に雨宿りして駆け抜けようか
[PR]
# by medimix610 | 2011-02-28 01:08 | 雑記

過去、現在、

f0045660_1303143.jpg


私の1年を私なりに見つめて来た
満たされない想いと
真っ向から当たっていかぬ想いの果てに未来がなかった

思い描きたい未来に歩むべき道を築きあげてこなかったことの後悔など
今さらいらぬ

努力の先にあるものこそ私の心を根底から照らし満たす
もう何もしないのなら
何も出来ぬ
不満を口にしても何も変わらぬ
甘えを言い訳に幾度くだらぬすり替えを繰り返し
現状維持ならば答えなどいらぬ

もう十分わかった

甘えた自分の心など
全て価値あるものにも値しない
何一つくだらない
どんな高尚さをひけらそうとも何にも値しない

何でもないのなら夢しかみれないのなら
捨ててしまった方がもっと笑ってられるだろう

他と大事にしているものが違うのなら
誇りを持って進んで行け

どれだけ紛れようとも誤魔化せないのなら
苦しんででもやりとおせ
泣いて叫べばいい

やり抜く力こそ大切にしたい1年にしよう
[PR]
# by medimix610 | 2011-01-03 01:47 | 雑記

窓辺から

f0045660_2338151.jpg


心から必要としていないのかも知れない
寂しさも孤独も
全部を私だと分かっている
それを埋めようとしたいと思っているのならエゴになるのではないか

意味がわからなくなった
ただ単に聞かれる言葉にうっとうしさすら芽生え

人生の門出すら理解出来なくなった
[PR]
# by medimix610 | 2010-11-23 23:46 | 雑記

トワイライト

f0045660_1325739.jpg


郷愁と自分の過去が交差する
戻れないと知っていて重ねる愚かさは沈む夕日とお別れしよう

また昇る明日まで

明日が新しい私を連れてくる
また進める今日が来る幸せが見えなくなったら

闇の中で眠りにつこう

一人戦う世界に疲れても
真っ白な自分と未来が交差する明日が来ることを祈り

この闇夜に包まれる前に
祈り喜びを胸一杯に

美しさが過去を濾過してくれる
あの頃の美しさ

あれはきっと忘れたものの多さが紡ぎだす
自分へのメッセージ
[PR]
# by medimix610 | 2010-10-28 01:42 | 創作

f0045660_116572.jpg



その向こう側で夢を見た
行ってしまわないでと祈り叶わなかった

つりさげられた思いの果て

この涙はつりさげられたリバウンド
私に返す私の為のなみだだった

大いなる実りはついに腐り果てた
[PR]
# by medimix610 | 2010-10-27 01:23 | 創作

f0045660_0201568.jpg


いたたまれない想いがそこにある
見透かす自分の意地悪さ
何て言えば良かったか

そこに転がっている言葉では足りない
決して自分からは問わなかった

無理に言わせて
私が出来ることが簡単にあると思えなかった

その寂しさを埋めるものがあるのだろうか
埋まるものが存在するのだろうか

代用するのなら
埋まらない寂しさを受け止めて行く方が進めると思った

私は何も出来ない
あるのは理解をしようと思う心だけ

繋がりを絶ったとしても人は死なないと
その一言に全て詰まっているね

私はなんだろうと問う
何でもないだろう

いつ本音を言い合える?
怖いよね

どこか生きる支えとして立っているお互いの本質が見当違いだったら
恐ろしい孤独が待っている

消えた
消えた繋がりが試してくる

でももう私は大丈夫なの

何度でもリセットしてくれていい
新しい未来を築ける
ゼロからこの世界は広がる

何度でも何度でも

もうカタチすらいらない存在
言葉に表すのもしたくない存在

ただ存在していてくださいと願う
[PR]
# by medimix610 | 2010-10-26 00:48 | 雑記

対峙

f0045660_0264145.jpg



階段を駆け上がる

ふさがるいくつもの扉
その扉の向こうにもう一人の自分が居る
同じように駆け上がる映し身の自分

どちらかが力で
どちらかが運で
両方が知恵を使い開けようとする意思

小さな綻び一つで左右され
揺れ動き
開く扉はたった一人のもの

敵は相手ではない

その時々で内なる自我と対峙する
[PR]
# by medimix610 | 2010-10-10 00:43 | 創作

f0045660_2332846.jpg


あの向こうの未来に何があっただろう
幸福と呼べる何かが待っていただろうか
描き続けた、願い続けたものがあの向こうにあったとしたら幻想だ

どれだけ渇望しても選ばれなかったということ

悲しみは今を否定して
あの向こうの未来だけが真実だった

その思いはきっと自分を苦しめる

自分ひとりの願いなら納得出来ることも
2人の願いを乗せて馳せる思いは残酷

永遠を誰が愛と呼んだ?

愛はそんなところに存在しない
[PR]
# by medimix610 | 2010-10-05 23:40 | 創作

願いごと

f0045660_0301011.jpg


頑張ってと願う人が居る
勝負の世界に生きる人
勝ち負けにこだわって生業にするその生き方

どうしても結果が先立つ世界
結果が全てというかもしれない
でも、大切なのは挑んでいく姿勢
過程を力強く進んだ先に現れるその先へ

どうかその先を
誰もまだ経験しえない自分自身のその先へ
挑戦して欲しい

多くの喜びの中に勝ちというものだけに囚われ続けないでいて欲しい
そう思う
[PR]
# by medimix610 | 2010-10-02 00:40 | 雑記